愛知県半田市南末広町125-6

ご予約・お問合せ 0569-23-0358ご予約・お問合せ 0569-23-0358

料金

  1. トップ>
  2. 料金

料金のご案内

初診:5,500円(消費税込)

再診:3,850円(消費税込)

休日(土・日・祝日)、時間外(~8時、17時以降)は2割増になります。

券売機でのお支払いになるため、なるべく1,000円札、小銭をご準備いただきますようお願いします。

桶谷式母乳育児 
よくあるご質問と回答

お問い合わせの多いお悩みをご紹介します。個人個人で違うことも多くあります。困ったことや解決できないことはお近くの相談室で、おっぱいの状態、赤ちゃんの状態、授乳の状態をみてもらい、ご相談ください。

母乳が出ていないようです。母乳が出るようにするにはどうしたらいいですか?
赤ちゃんに飲んでもらうのが一番の方法です。
母乳は二つのホルモンによってつくられます。赤ちゃんが乳頭を吸うことによって、ママの脳から分泌される「プロラクチン」と「オキシトシン」です。プロラクチンの働きで母乳が作られ、オキシトシンの働きで乳腺から母乳を乳頭に押し出します。母乳の出る仕組みは、二つのホルモンの働きの繰り返しなので、赤ちゃんにできるだけ乳頭に吸い付いて刺激してもらうことが、母乳を出すのに一番大切です。また、乳房に母乳がたまらない母乳量が出ないと思いがちですが、乳房は母乳を作る場所です。母乳がたまっていると新しい母乳が作られにくくなります。できるだけ乳房を空にするように、頻回に母乳をあげることがコツです。お母さんも疲れてくるとホルモンも出にくくなります。和食中心の食事と睡眠と休養をとるようにしましょう。
生後1か月です。母乳を飲んでも、すぐに大泣きします。母乳が足りていないのですか?
おしっこがちゃんと出ているようなら、母乳以外の理由も考えてみましょう。
母乳は飲んだ量がミルクと違ってわからないので、母乳が足りないのではと思うお母さんも多いでしょう。
母乳が飲めているかわかりやすい目安は、おしっこです。おしっこの回数が一日6回以上たっぷり出て便も1-2回しっかりと出ていれば、赤ちゃんは母乳を飲んでいると言えます。その他にも機嫌や皮膚色、活気、母乳を一日8回以上飲んでいるかなどチェックしておくといいでしょう。母乳が飲めているサインがあれば、母乳以外でも赤ちゃんの泣く理由はさまざまです。抱っこしてほしい、眠たい、退屈など、泣くと「母乳が足りないのでは」とすぐに授乳やミルクを足しがちですが、飲みすぎておなかが苦しくて泣くこともあります。お母さんは徐々に泣き方を聞き分けることができるようになるでしょう。
赤ちゃんが3か月に入り、夜中ぐっすり寝ています。このまま、夜間授乳しなくてもいいですか?
夜間も3時間以上あけないようにしましょう。
授乳中は、オキシトシンとプロラクチンというホルモンが分泌されます。この中でも、プロラクチンは夜間のほうがよく分泌されます。夜間に飲ませることで、プロラクチン濃度が上昇し、母乳分泌が維持され乳房トラブルの予防にもつながります。赤ちゃんが何か月になったから、離乳食が始まったからという理由で夜間の授乳をなくすこと、授乳回数を減らすことはありません。赤ちゃんがぐっすり寝ているとお母さんも起きにくいと思いますが、もしミルクを眠る前に足しているようなら控えめにして、3時間で起きるサイクルを作ってみるといいでしょう。授乳中のお母さんはプロラクチンの作用によって夜間起きても短時間で深く眠れる仕組みになっています。
母乳だけで育てていますが、検診で体重の増えが悪いのでミルクを足すように言われました。ミルクの足し方を教えてください。
3時間以内に母乳が飲ませられるように母乳のあと少量ずつが基本です。
どの程度、ミルクが必要なのかにもよりますが、現在完全母乳なので、今の授乳リズムを崩さないように補足することが大切です。ミルクは母乳より消化に時間がかかるため、最短でも3時間あけて母乳のあとに少量ずつ足すことが理想的です。ミルクの間に母乳だけの回を作ってもいいでしょう。1回に多めに足すと、長く眠ってしまい授乳間隔が空くことで、乳房トラブルや分泌不足を招くことがあります。注意しましょう。
母乳で育てたいと思っていますが、陥没乳頭で赤ちゃんが乳首に吸い付けません。どのようにしたらよいですか?
直接飲めない時には、手搾乳を3時間ごとにすることが、飲みやすくするために役立ちます。
乳頭の形(陥没乳頭や扁平乳頭など)によって、産後すぐから直接授乳ができない場合があります。まずは、なめるだけでもいいので、お母さんのおっぱいのにおいや味を知ってもらうことから始めましょう。大泣きしてしまう場合には無理せず、お母さんは3時間ごとに搾乳しましょう。できれば、搾乳機ではなく手搾乳がおすすめです。搾乳することで乳房を柔らかく保ち、赤ちゃんの機嫌がいい時に授乳の練習をしていきます。
母乳をあげようとするときに、胸の中で赤ちゃんが泣いてしまうのは、お母さんにとってショックなことです。肉体的にも精神的にも疲れるでしょう。周りのサポートを整えて専門家に相談できると道筋が見えてくるでしょう。
離乳食をよく食べます。最近授乳時間が空いてきました。大丈夫ですか?
離乳食を開始しても、母乳は今までどおりに与えてください。授乳回数が減ったり、夜間授乳をやめてしまうと、乳腺炎や乳房のトラブルの原因になることもあります。
赤ちゃんの最初の半年は母乳が主食です。離乳食を食べたあとは、必ず母乳を飲ませましょう。母乳には、赤ちゃんの消化を助ける消化酵素が含まれているので、母乳を飲ませることによって消化吸収がスムーズになります。

その他の「よくあるご質問と回答」は桶谷式oppaをご参照ください。

ページの先頭に戻る